月別アーカイブ: 2011年6月

バナナとドリルのキセキから学べること

『僕がバナナを売って 算数ドリルを作るわけ』(天野春果)
http://amzn.to/k9Z5WU

【新発想スポーツビジネス本】

Jリーグ川崎フロンターレ近年の躍進を支えるプロモーション活動軌跡を、仕掛け人であるクラブスタッフがまとめた、かつて無い本です。

単なるサッカー関連書籍と捉えるのではなく、「新発想のビジネス本」と捉えると、斬新なアイデア術、ステークホルダーのマキコミ術、徹底したマーケティングなど、「スポーツが持つ力で街を豊かに」すべく奔走する具体性の高い事例から多くを学べる良本だと思います。

・クラブ経営は総合商社

・常に何かをくっつけたり、結びつけて考えるクセをつける。
・アイデアを上手に使いこなす方法はテトリスに似ている。そのままでは無理でも、横にしたり、逆さまにしたり。。
・ほとんどのアイデアは、どこかで自分が経験したこと、目にしたものが土台になっている。だからこそ、考えなくてはいけないのは応用。

・最終のゴールとして収益だけを考えているとビジネスは行き詰まる。収益を得ると同時に考えるべきこと、それが”ホームタウンに住む人を豊かにすることだ”
・「近所の美味い定食屋のように日常の中に非日常を生み出す」
・「クラブは農業のように汗をかいて、泥まみれに育てていく」
・「クラブはチーム強化と事業の二輪車で前に進む」

・「なんとかしたい」と思う気持ちを行動に移す。求められた業務を達成させる方法は、自分で見つけ出すもの。
・最初から無理だと思ったら、可能性はゼロ%。常識は疑ってみると可能性が出てくる。それが1%でも2%でもいい。自分がやりたいことを成し遂げるためには、ゼロにしない、させないことが大事。

・すぐに諦めない事も大事。テトリス的発想で好転する事も多い。

・アイデアが浮かんだ時点で、そのアイデアを妄想で終わらせないために、何をすべきか、誰に話せば良いか、どんな問題が出てくるか、「先を読む力」が大事。

・「目的と手段を混同しないこと」を言い聞かせる

広告

『東京シティサイクリング2011』にエントリーしてみた

突然ですが、『東京シティサイクリング2011』にエントリーしてみました。

開催は9/18(日)。暦通りなら3連休の真ん中。実に5年ぶり2度目の参戦です。懐かしぃ。

…というのも、

・ここ最近、フロンターレやら、フットサルやら、チワワのお世話やらで、以前からちゃんと乗りたいと思ってた。メンテもしないとと思ってたし。

・前回「東京マラソン」の応援に行って、東京のど真ん中を走るのってやっぱり気持ち良さげだなぁと。ランは相当な準備が必要だけど、バイクなら大丈夫かと。

・以前一緒に走ってたコミュメンバとの再会や、新たな仲間との親交も期待したいなぁと。

…という事で、エントリーは6/3に開始されたばかりですが、もし興味あればお早めにどうぞ。レースじゃないので、都心約40kmを気軽にマタ〜リ走れます。

http://tokyocity.j-cycling.org/

ちなみに、朝8:00出走のBコースでエントリー中です(#時間別スタートになったんですね)

愛車BD-1で、フロンターレユニ着て参戦予定です〜!
楽しみ〜(^o^)