月別アーカイブ: 2011年3月

これから電車通勤に役立つリスト

たぶんこれから役立つハズなリストです。正しい情報を得て、焦らず行きましょう。

■計画停電での首都圏鉄道各社の運行予定まとめ
http://gigazine.net/news/20110314_train_rolling_blackouts/

■東京近郊の鉄道・新幹線の運行情報を路線ごとにつぶやくbot一覧
http://train.16tons.org/

■停電エリア検索システム
http://machi.userlocal.jp/teiden/

災害時の覚書

こんな時だからこそ、覚書として書き残しておこうと思います。

備えあれば憂いなしだけど、最低限やっておきたいこと・気づいたこと・覚えておきたいこと。

=======================

【外出先からの帰路観点】

□徒歩可能圏内の大まかな帰宅ルートを知っておく(#会社からは詳細を)
□自宅から半径10、15、20km圏内の目安地点と、一時待機施設を事前確認しておく
→一度に徒歩可能な距離は20KM前後(5〜6時間)が限度か?一旦休憩も考え、外出時の帰宅判断ができるようにしておく
→災害時、公共交通機関の利用はまず無理。
→(特に女性は)可能であれば途中で運動靴購入(#自転車だとベター)

【帰宅途中の情報収集/連絡観点】

□携帯電話からの情報発信/受信/連絡が可能な状態をなるべく長く確保する
→エネループのモバイルバッテリ購入し、常時携帯しておく
→携帯単独で情報取得できるワンセグやラジオも重宝
□連絡先確認:家族・親戚の連絡先情報をデジタル・アナログ含め分散配置しておく
→通話は困難。携帯メールも遅延傾向。携帯webはまだ使えるか?
→家族に、キャリア提供の災害掲示板を今のうちに使用経験させる
→親しい友人にはmixi、twitter等の自己発信系ソーシャルメディアのアカウント周知
(#誰かが特定の人の安否を知りたいときに、発信メディアを持っているか否か?
また、情報収集観点では特に今回twitterが役立った。正確情報観点で、事前に習熟要だが。。)

【自宅でのライフライン確保(#一晩なんとか過ごす)】

ライト(ペンライト&ランタン型)、防寒具、水、食料、コンロ
→冬季夜間の寒さ・暗闇・静寂は、人の不安度を高める
→手回し充電式機器が役立った(ラジオ&ライト&携帯充電一体型)
→キャンドルは余震影響で火災の恐れがあり使用を控えた

#今回停電(22時に復電)だけ経験したけど、ライフラインが全滅だったと思うとゾッとする
#キャンプ等のアウトドアでのテント生活経験ってサバイバル観点で重要と思った。
#テント、寝袋等の準備物を事前に使用経験しておき、すぐに使えることも重要。

ひとまず。